うつを治す方法【自分に現れている症状を医師にきちんと伝える】

うつを治す方法【自分に現れている症状を医師にきちんと伝える】

病状によって変化がある

診察

うつ病は時期によって状態が変わることがあるので、その時期に応じた接し方をする必要があります。またうつ病が軽度のうちに治療を開始しておけば、仕事を休むことなく普段の生活を続けながら治療を受けることができます。

詳しく見る

現代病が襲う症状とは

女性

現代病と呼ばれるうつ病ですが、精神科や心療内科で治療を行うことで早期に改善することが出来ます。また、うつ病であるかどうかを診断する際も問診や診断基準を用いて行われ、総合的な判断されるので、まずは病院に通って治療をおこないましょう。

詳しく見る

薬の量には個人差がある

ハート

うつ病は内服治療で治すことができる病気ですが、薬を使って簡単に治せるわけではありません。適切な薬の種類や量を決めるまでには時間がかかることもあり、あせらずに内服治療を続けることが大切です。また自己判断で薬の量を変更しないようにしましょう。

詳しく見る

精神疾患の治療法

男性

薬の種類や効果

うつ病になってしまった場合は、速やかに精神科や心療内科を受診し、専門的な治療を行う必要があります。精神疾患は、人間の持つ自然治癒力がまったく発揮されないという特徴があります。自力で治そう、という気力や、そのうち治るだろう、という気持ちでは完治することは出来ません。症状を放置してしまうとどんどん悪化し、最終的には入院が必要なレベルにまで症状が重くなってしまうことも、少なくありません。そのため自分で症状に気付いたら、すぐに専門科へ行きましょう。さて、うつの治療は、カウンセリングと投薬が中心となります。カウンセリングとは医師との対話と通じて心のケアを行うこと、そして投薬には、抗うつ剤と呼ばれる特殊な薬が使われます。この薬の効果は、うつの症状を緩和させるというものです。症状には様々なものがあり、主に意欲ややる気、性欲の低下、不安定な気持ちや落ち込みの気持ちの現れ、などがあります。他にも食欲の低下や睡眠障害、頭痛や吐き気など肉体的な症状もありますが、初期は上記のような精神的症状が現れることがほとんどです。抗うつ剤は、このような精神的症状の緩和を目的として処方されます。長期的に服用することで少しずつ効果が現れるのが特徴なので、飲み始めは体を薬に慣らす、というような気持ちで飲むと良いでしょう。慣れてくることで、少しずつ精神が安定したり、やる気が復活したりしてきます。種類によって効果の効き目や副作用の強さなどは大きく異なるので、自分に現れている症状を医師にきちんと伝え、自分に合った薬を処方してもらう必要があります。長期的な治療を行うに当たって、薬を飲み続けることに抵抗がある、という人もいます。しかし、抗うつ剤は、肉体ではなく、精神神経に作用するものなので、依存性が少ないという大きな特徴があります。そのため、長期間の服用を指示されたとしても、安心して服用を続けましょう。しかし、中には薬の服用をやめたらまた症状が悪化してしまうのではないか、と依存性が高くなってしまう人もいます。しかし、通常は医師の指導のもと、薬の量は症状の緩和に合わせて少しずつ減らしていくのが一般的です。今日から一切の薬をやめましょう、というのではなく、一日3錠が2錠、1錠に減っていき、回数も一日3回が1回のみ、というように減らしていくので、依存性は自然と断ち切ることが出来ます。また、症状が良くなっているからといって、勝手に服用を止めるという人もいますが、勝手な服用中止は症状の再発を促してしまうので、医師に言われた期間はしっかり飲むようにしましょう。薬が効いている間は症状が現れないので、治ったと勘違いしてしまいがちですが、根本的な完治を目指すためには、症状が現れなくなってもきちんと服用を続けましょう。平均で、抗うつ剤による服用での完治は、早くても半年かかると言われています。再発防止のためにも、医師の指示はしっかりと守るように心がけましょう。また、薬の種類によっては、頭痛や食欲不振などの副作用が現れる場合があります。その場合は、同じような効果で効き目がゆるやかなタイプに変更してもらうなどの処置が必要ですので、副作用に悩まされている場合は医師に相談することが必要になります。

Copyright© 2018 うつを治す方法【自分に現れている症状を医師にきちんと伝える】 All Rights Reserved.