うつを治す方法【自分に現れている症状を医師にきちんと伝える】

薬の量には個人差がある

ハート

気長に治療を続ける

うつ病になる人の数が増えていますが、多くの人は治療をすることで日常生活を続けることができています。それはうつ病が薬が効きやすい種類の病気だからです。病気の中には薬だけでは治せないものもありますが、うつ病は薬だけでも完治させられる可能性があります。そのため治療は内服治療が中心になりますが、症状が軽くなったからと言って自分で薬の量を調整すると、治療の妨げになってしまいます。うつ病の内服治療の基本は最初に少なめの量で治療を開始して徐々に症状に合わせて量を増やして、ちょうど良い量を見極めます。これは薬の効き目に個人差が大きいため、薬が効き過ぎてしまうことを防ぐためです。最初から多めの量を服用すると、人によっては副作用が強く出てしまい、症状がより悪化してしまうこともあります。そのため、最初は少なめに服用して、症状の変化を見ながら徐々に適切な量になるまで薬の量を増やしていきます。薬の量が増えたということで、病気が悪くなっているとショックを受ける人が多いようですが、そういった理由ではありません。もしも病気の経過についての不安がある場合には主治医に相談するようにしましょう。また、薬の量が増えることは悪いことだという認識がある人の場合には、処方される薬の量が増えても少ない処方時の量しか内服しないという人もいます。そういった使い方をしていると、いつまでたっても病気が良くなりません。治療の効果を最大限に発揮させるためには、医師の指示に従って内服をするようにし、決して自己判断で服薬量を変えることはしないようにします。うつ病になる時には脳の中で神経の伝達物質がスムーズに伝わっていない状態になっていると考えられています。そのため、薬を使うことで脳の中の状態を正常に近づけることができるようになり、うつ病による症状を和らげることができます。しかし、うつ病の薬には色々な種類があり、どんな人にも効果のある薬は存在しません。この症状にはこの薬が効くという、目安はありますが確実に効くという保証はありません。そのため、おおよその症状を聞いて診察をした後に医師が内服する薬の種類を決定しますが、場合によっては薬が変更されることがよくあります。最初から自分に合った薬が処方された場合には飲み始めてしばらくして効果があらわれますが、中には全く効き目があらわれないということもあります。その場合には医師と相談の上薬の量を増やしたり種類を変えたりします。その時には病気が悪くなっているのではなく、ただ薬が合わなかっただけだと割り切ることも必要です。すぐに病気を良くしたいと思う気持ちはわかりますが、どの薬が体に合うかは内服を始めてみないとわかりません。また内服を始めてもすぐに効果が出るわけではないということも覚えておきましょう。効き目が出るまでには平均して2週間から4週間ほどかかります。それから薬の変更をしていると、自分に合う薬にたどり着くまでに一定の期間がかかる場合もあります。ここで焦ってしまうと症状が悪化してしまう可能性もあるので、焦らずにうつ病の治療は時間がかかるものだといった気持ちで待つようにしましょう。

Copyright© 2018 うつを治す方法【自分に現れている症状を医師にきちんと伝える】 All Rights Reserved.