うつを治す方法【自分に現れている症状を医師にきちんと伝える】

病状によって変化がある

診察

治療は早めに

うつ病の人と接する時の注意点は、病気の時期によって少し変わってきます。病気を発症したばかりの時期は本人も病気になったショックがあり、自分の状態を冷静に把握できない状態です。そのため、急に別の人格になってしまったような感覚を覚えるかもしれません。しかし、それは病気のせいなのだと理解してうつ病の人の感情に巻き込まれないようにする必要があります。それをふまえて相手とは少し距離を置いて、発言や行動を鵜呑みにしないようにしましょう。そして、治療への拒否をする人も多く見られますが、周囲の人の強力で治療が開始されることもあります。人手がいる時には協力して治療の手助けができれば、適切な治療を開始できます。治療が開始されて少しずつ病状がよくなると、今度は早くよくならなければという焦りを持つ人が多いようです。その時にはすでに十分頑張っていることを認めて、気持ちに寄り添うような態度で接するようにすると良いでしょう。その日の状態によって気分のむらがあることもありますが、それらに振り回されることなく、冷静に対応することが大切です。もしも、急に言うことが極端に変わることがあっても、大きな声で否定するのではなく、気持ちを受け入れながら丁寧に説明をします。それでも相手に話が通じない時には無理に聞かせようとせず、体の調子が戻るのを待つという方法もあります。こちらが感情的になると、相手へ悪影響を及ぼすので、常に冷静でいられるよう十分に気を付けましょう。そしてすぐに病気が治ることを求めないようにし、気長に付き合っていくという姿勢が必要です。うつ病は体の他の部位の病気と違って目に見える症状が少なく、気のせいだと思われて治療が遅れることがあります。しかし、うつ病は治療ができる病気で、特に症状の軽いうちに治療を開始した時には効果がはっきりとわかりやすいと言われています。うつ病は他の人にはわからない辛さのある病気なので、症状があるということに気付いてもらえないという特徴があります。だからと言って症状があるまま放置していると、徐々に病状は悪化し最終的には日常生活が送れなくなるという可能性もあります。他の人にはわからないほどの軽度の症状だったとしても、本人が苦痛を感じている時には治療の必要性があるということになります。そして、その程度の時には内服薬を使うことで、治療をしながら生活をしていくことができます。病院で診察を受けて、病名が確定した後には投薬治療が開始されます。その後は診察を繰り返し受けながら、症状に応じて薬の量や種類を変更していきます。多くのうつ病はこういった内服治療で完治させることができます。仕事を休むことなく治療できるということで、病院での診察の人気が高まっています。うつ病が重症化すると、仕事を休むだけでなく入院をする必要性が出てくることもあります。そうなると治療にかかる時間も長くなってしまいますが、軽度のうちならば入院をしなくても十分な治療が受けられます。気になる症状がある場合には、早めに病院を受診して診察を受けることが大切です。自分は何の病気かわからない場合でも、専門の医師の診察を受ければ病名がはっきりすることもあります。

Copyright© 2018 うつを治す方法【自分に現れている症状を医師にきちんと伝える】 All Rights Reserved.